「印象にのこる表現を平面に」の想いから
「印」をとり「SIRUSI(シルシ)」としました。
様々なつながりを感じながら
豊かになれるグラフィックデザインを
つくっていきたいと考えています。